無線LANネットワークに有線LAN機器接続

現用のNASが有線LANでしかローカルネットに接続できないので、
手持ちのraspberrypi1でイサーネットコンバータができないか検討のその後を
ローカル(家庭内)ネットワークが無線LANの環境下に、有線LANの切り口しかない機器をネットワークに参加させたいと思いRaspberryPIを使い無線LANと有線LANのブリッジ接続に挑戦していた。

多少前進した感があるので、記録に残しておく。
ブロードバンドルーターのDHCPサーバーでIPアドレスをもらえるようにするブリッジ接続に拘っている。
ルータをタンデムに接続してDHCPサーバーを立てる方法もあるが、今回はブリッジに拘った。
要は下記事項をCUIで設定
①有線LAN側のIPアドレスを固定に設定
②IPフォワードの設定をする。
③DHCPリレーエージェント(dhcp-helper)のインストール及びDHCPリクエストのリレー先を設定する。
 (今回無線LANを介してリレー)
④ProxyARPブリッジのインストールと設定
 Wlan0とeth0のブリッジ
⑤BroadcastRelay(ブロードキャストリレー)のインストールと設定
以上のインスト―と設定で
有線LAN機器のIPアドレス取得及び無線LAN環境から有線LAN接続の機器のアクセス(ping含めて)可能となり一応の目的を達した。

所が有線LAN環境に接続のNAS(DLNAサーバー&sambaサーバー)に接続は可能なのだか、DLNAサーバー
に接続できない問題が発生   継続して調査している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)