投稿画面が大幅に変わった

ワードプレスのバージョンアップ(Ver5.0)に伴いブログ投稿画面が大きく変わった。

先日公開されたWordPress 5.0 “Bebo”では、記事の投稿画面が「Gutenberg」と呼ばれる新しいエディタに置き換えられた。
Gutenbergはブロックベースのエディタですが、今までの投稿画面に慣れており、学習が必要です。
ブロックベースとは「DIV」で括られた中にテキストや画像要素を組み込む形と思いますが
昔ホームページをホームページビルダーで作成し始めた頃、table要素を多用し要素の縦横配置をしていた記憶があり、これらと同様の手続きかなと思います。
これから勉強です。
なお、旧の投稿画面にすることも可能です。
以前のバージョンのエディタを使用したい場合「Classic Editor」プラグインを導入します。

Classic editor

「プラグイン」から「Classic Editor」を検索してインストールして有効化します。
Classic EditorはWordPress開発チームの式プラグインなので安全に使用することができます。
私の場合、新投稿画面の操作に慣れるまで、プラグインを導入するのが最も違和感のない方法です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)