パソコンサークル(7)

EXCELの学習
オートフィルを中心に学習した。
連続したデータ(例えば1,2,3とか1月,2月,3月等)を効率よく入力できる機能をオートフィルという。
例えばA1に”1”を入力しセルA1をアクティブ(セルを選択する)にして、セル右下の■(フィルハンドル)にマウスをもってきます。(ポイントともいう)
マウスポインターの形が「+」に変わりますからそのまま連続したデータを縦方向、もしくは横方向のやりたい方向にドラッグします。
これで1,2,3,と連続した数字が入力される。
設定によっては全てのセルが”1”になるかも知れない
この場合はオートフィル実行したらマウスポインターの近所に  が表示されるので+のところをクリックし連続データを選べばいい
次にこの連続データのルールを追加することができる
ファイル→オプション→詳細→全般の中の「ユーザ設定リストの編集」で可能である。
選択範囲の選択
セルの集まりを「セル範囲」または「範囲」と言う。
セルやセル範囲を選択して太字や文字の色等の設定の適用が、選択されている全体に反映される。
マウスの操作では主に「ドラッグ」により範囲指定する。
全セル選択 複数行の選択 複数列の選択 複数のセル範囲の選択等さまざまな範囲選択があることを学習 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)